ダウ平均株価

「ダウ平均株価」とは何か?分かりやすく解説している関連記事をまとめています。このブログでは、FIREを目指す方が「ダウ平均株価」について学べるコンテンツを提供しています。これから投資を始める初心者の方向けにも、学校では教えてくれなかった投資とお金に関する情報を分かりやすくお届けします。

ダウ平均株価とは

ダウ平均株価は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社が算出している米国企業の代表的な株価指数です。

米国のさまざまな業種の銘柄を厳選していて、S&P500と異なり「加重平均」ではなく「単純平均」で求められます。

「ダウ工業株30種平均」、「ダウ輸送株20種平均」、「ダウ公共株15種平均」と、これらをあわせた「ダウ総合65種平均」がありますが、基本的には最も有名な「ダウ工業株30種平均」のことを「ニューヨーク・ダウ」「ニューヨーク平均株価」と呼び、普段経済ニュースなどでも報じられています。

S&P500と比べるとわずか30社だけですが、アップル、マイクロソフト、マクドナルド、コカ・コーラ、ジョンソン&ジョンソン、ウォルト・ディズニー、ゴールドマン・サックス、・・・といった泣く子も黙る超有名企業たちが組み入れられていて、その銘柄も時代に合わせて定期的に組み替えられています。

ダウ平均株価に関連する詳しい内容については以下の記事もご参照ください。