キャッシュフロー・クワドラント

「キャッシュフロー・クワドラント」とは何か?分かりやすく解説している関連記事をまとめています。このブログでは、FIREを目指す方が「キャッシュフロー・クワドラント」について学べるコンテンツを提供しています。これから投資を始める初心者の方向けにも、学校では教えてくれなかった投資とお金に関する情報を分かりやすくお届けします。

キャッシュフロー・クワドラントとは

「キャッシュフロー・クワドラント」は、ロバート・キヨサキさんの「金持ち父さん貧乏父さん」で紹介されたもので、クワドラントは日本語で「4象限」の意味です。キャッシュフロー・クワドラントは以下の4つに分類されます。

ESBIクワドラント

E: Employee (労働者)
企業に雇用されて給与を得る人
B: Business owner (ビジネスオーナー)
ある程度の規模の会社の経営者、起業家
S: Self employee (自営業者)
個人でスモールビジネスを行う人、開業医や弁護士など専門スキルを提供してその対価を得る人
I: Investor (投資家)
自らの資産を株や債券、不動産に投資して運用益を得る人

 

Eの労働者や、Sの自営業者は、基本的には自分の時間を労働に変えてその対価を得ます。しかし、時間は1日24時間しか無いので、どこかで稼げる限界点がやってきてしまいます。

一方で、Bのビジネスオーナーや、Iの投資家は、自分の時間を切り売りして稼いでいるわけではありません。ビジネスオーナーは収益を創出する仕組み(ビジネスモデルや組織)を作って、その仕組みの中で自分の代わりにEの労働者に働いてもらって収益を生み出します。投資家は自分の代わりにお金に働いてもらって利益を生み出します。つまり、この世で有限で貴重な「時間」という制約に縛られることなく、稼ぎ出すことができるのです。

世界長者番付で、上位にEやSの人はおらず、BやIの人しかいないことを見れば分かる通り、収益を多く増やすためには労働者や自営業から抜け出して経営者や投資家になる必要があります。

FIRE達成するために、労働者として就業して貯蓄・投資をしても良いのですが、数千万円〜数億円の目標資産を築き上げるためには、自ら事業を興してE→S→B→Iとシフトしていくのが近道となると言えるでしょう。

キャッシュフロー・クワドラントに関連する詳しい内容については以下の記事もご参照ください。