4%ルール

「4%ルール」とは何か?分かりやすく解説している関連記事をまとめています。このブログでは、FIREを目指す方が「4%ルール」について学べるコンテンツを提供しています。これから投資を始める初心者の方向けにも、学校では教えてくれなかった投資とお金に関する情報を分かりやすくお届けします。

4%ルールとは

トリニティスタディの研究結果によって導き出された、「資産の4%を毎年取り崩してその範囲で生きていけば資産は減ることなく運用し続けられる可能性が高い」という資産運用の出口戦略のことです。

株式:債券=75%:25%程度の比率でポートフォリオを構築し、毎年資産の4%を取り崩しながら、年間支出をその範囲に収めることで、不労所得だけで働かないで生きていく=FIRE(セミリタイア)することができるというわけです。

そのためには年間支出の25倍(4%で割り戻す)を目標金額として資産運用に回す必要があります。例えば、年間支出が400万円ならば、その25倍の1億円が目標金額となります。

4%ルールに関連する詳しい内容については以下の記事もご参照ください。