働かないで生きていく、F.I.R.Eとは?

こんにちは、米国在住の投資家ブロガーのhiroです。(@hiro_investudy)

ここ数年で注目を集めている「F.I.R.E (Financial Independence, Retire Early)」というムーブメントをご存知ですか?本ブログではFIRE達成を目標に、できるだけ分かりやすく投資とお金について勉強できる情報を発信していきます。投資の初心者の方向けに、株や債券、ETFや投資信託についてもまとめています。

「働かないで生きていく」、つまり「自分が働かなくても所得が得られる(=不労所得が得られる)」状態をどのようにすれば作ることができるのか?を読者のみなさんと一緒に勉強していきたいと思います。


この記事ではF.I.R.Eとは何なのか?その定義に触れながら、F.I.R.Eを目指すきっかけとなる情報をお届けします。

この記事はこんな人におすすめです
  • F.I.R.Eについて詳しく知りたい人
  • F.I.R.Eに向けて準備を始めたい人

F.I.R.Eの定義

F.I.R.E とは Financial Independence, Retire Early movement のことで、日本語で言うと「経済的に自立して早期退職を目指す」ムーブメントを指しています。数年前からアメリカで注目され始めると、この動きは日本でも若い方を中心に受け入れられるようになってきています。

「経済的に自立する」と聞くと、とてもハードルが高くて一部の経営手腕のある実業家しか成し得ない技と思われるかも知れませんが、決してそんなことはありません。きちんとお金についての正しい知識を身につけて、着実に投資をすることができれば達成し得るものだと思います。

また、「早期退職」と聞くと、若くして働くことをリタイアして、悠々自適にリゾートでのんびりして、特にやることもなくダラダラと暇な生活するようなイメージを持つかも知れません。ですが、ここで目標とするFIREはそうではなく、経済的に独立することで、毎月の給料のために会社の仕事に縛られたり(もしくは、しがみついたり)、昇給のための出世レースに必死になったりせずに、自分のやりたい仕事にフォーカスして、自分のペースで仕事をコントロールし、時間的にも自由になって人生の限りある時間を有意義に過ごせるようになることを目標としています。

経済的に自立することができれば、これまでと全く違った考え方で仕事と向き合えるようになるはずです。時間と場所に縛られることもなくなり、家族や自分の大切なことなど、自分が本当に時間を費やしたいことに時間を使うことができるようになると思います。アクティブでより楽しく人生を過ごすために、みんなが意識して目指すべき目標だと思いませんか?日本の教育では残念ながらこうしたことは教わることができませんでした。なのでこのブログを通じて、一人でも多くの方に「FIRE」を人生の一つの目標にしていただけるように少しでも参考になる情報を発信していければと思います。

経済的に自立するには

では、経済的な自立を達成するにはどうしたらよいでしょうか?

結論を言うと、「投資をすること」です。これは世界中のお金持ちと呼ばれる人が必ず投資をしていることからも分かる通りです。FIREするためには、投資をすることは避けられません。

先ほども言いましたが、日本ではお金に関する教育はほぼ皆無で、お金の話をすると「卑しい」「下世話」といった印象を持たれてしまいがちです。小さい頃から「勉強して、良い大学に入って、良い会社に就職しなさい」「お金は貯金しなさい」ということを嫌というほど聞かされて育ち、「大人になったら良い会社に就職して、高い給料を得る」「お金は貯金するもの」という常識が広く蔓延しました。現在でもそのような考えが払拭できずに色濃く残っていると感じています。バブル時代に銀行の預金金利が 8% もあった頃は確かに「貯金」は正しい資産の増やし方だったのかも知れません。しかし、今はゼロ金利時代。銀行の普通預金の金利は 0.001〜0.005% 程度です。仮に100万円を預けていても、 1年でたったの1,000〜5,000円しか利息がつきません。すぐに必要なお金(直近の生活資金や万が一の備えなど)を流動的に使えるように預金するのは当然ですが、それを大幅に超過した資産を無駄に銀行口座に預けたままにしておくのは、お金にお金を稼いでもらう機械、つまり、不労所得を得る機械を失っているのと同義です。

「投資」と聞くと「投資は怖い」「投資はギャンブルだ」「投資に失敗して大損する人を知っている」と言って、嫌煙する人がまだまだ多くいます。確かに一攫千金を狙って、資産の大半を特定銘柄の株式やビットコインに突っ込んだりすれば、それは「ギャンブル(=投機)」です。きちんと投資に関する知識を身につけ、自身のリスク許容度に合わせて適切なポートフォリオを組むことで、時間をかけて着実に資産を増やしていくことが可能です。

ここ数年で国がNISAやiDeCoをしきりに推奨しているのも、2,000万円問題でも話題になった通り、「公的年金だけでは全国民の老後を保障することが難しい可能性が高いので、それまでにみんなきちんと自分で資産形成の準備をしましょうね」というメッセージに違いありません。

次回の記事では、経済的自立を目指すための投資の準備・ステップについてご紹介したいと思います。

※実際に投資される際は、ご自身の責任と判断でお願いします!

最後までお読みいただいき、ありがとうございました。引き続き、投資の初心者の方向けに有益な情報を発信していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

Have a smart investudy!